女性ホルモン「エストロゲン」の働き

女性ホルモンと呼ばれているものは幾つかありますが、エストロゲンはなかでも、女性らしい体つきをつくるホルモンとも言われています。男性に比べて女性が全体的に丸みを帯び、皮下脂肪を蓄えやすいというのは、このエストロゲンの分泌が男性に比べて女性の方が多く分泌される為なんです。その他にも、女性の生理作用に深く関わり合いがあるホルモンでもあります。子どもを産み育てるために必要な卵胞の成熟を促したり、受精卵の着所を助けるために子宮内膜を厚くしたりします。また、精神的な部分でも、エストロゲンは働いています。骨を形成するという部分でも、エストロゲンは働いています。自律神経などを整える役割もあります。エストロゲンは女性の生理周期の中で、生理が終わってから排卵までの間に活発に分泌されます。この時期は精神的にも安定している時期と言われていますが、これはエストロゲンがしっかりと自律神経のバランスをとっているからなんですね。排卵後はエストロゲンの分泌が低下するので、感情が乱れやすくなってしまうことがあると言われているんですよ。

人気のバストアップセリー
安心の全額返金保証付き
マシュマロヴィーナスの効果について検証

女性ホルモン「エストロゲン」の働き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です