エストロゲンを増やすといわれている食品

エストロゲンというホルモンは、基本的にはエストロゲン自体を食事で増やしていくということはできません。体内でしか生成されないため、何かを食べればエストロゲンの分泌量が増えるということもないんです。ですが、エストロゲンと似た作用を持っている食品を摂取することで、エストロゲンの働きを高めてくれるという効果を持つ物があります。例えば、植物性エストロゲンというのがその効果を持つ成分で、この植物性エストロゲンを多く含む食品がいくつかあります。有名なところでは大豆に含まれている大豆イソフラボンがあります。納豆や豆乳、豆腐、味噌といった大豆製品にはこの大豆イソフラボンが豊富に含まれていますので、植物性エストロゲンを取り入れるにはおすすめの食品です。ホウ素(ボロン)というミネラル成分も、実はエストロゲンの分泌を高めると言われています。ハチミツやキャベツ、りんご、ひじき、なしなどに多く含まれているんですよ。ミネラルでは亜鉛も不足すると女性ホルモンの分泌が低下するといわれています。レバーやチーズ、牡蠣、牛肉などに多く含まれていますよ。

エストロゲンを増やすといわれている食品